ストーブで焼くパンの味

石油ストーブを身近に引き寄せて暖をとって、今日は節約の日なので小さなストーブで我慢しています。
ストーブの上にはガラスの湯沸しが乗っています。 小さな粟粒がガラスの内面に付いてきてお湯が沸き始めました。
お?いお茶」のティーバックを用意して、これからほうじ茶を飲もうと思っています。

この形のストーブは上で何かを焼く事ができます。 朝はトースターがあるのですが、あえてアルミ箔をひいてパンを焼きました。
焼ける匂いと過程が見えるのが楽しみであえてそうしたのです。
コレステロール0の紅花マーガリンをたっぷり付けて食べました。 その程よい塩味とホテルブレッドの味が相まって美味しい
朝食でした。 たまには嬉しい冬の楽しみの朝でした。

ウェブページ