今晩読む本

新堂冬樹、笹本凌平などの小説は平均して外れなく読めます。図書館で本を借りる時、自分の好みでないジャンルを借りてしまう事があります。
斜め読みして大体調べて借りてくるのですが、外れる事が良くあります。そんな時この作家なら大丈夫という安全パイを見つけています。
中国時代ものなら「だえだれ」と決めています。現代刑事ものならこの二人の小説で外れはありません。今日は「高殿 円」という作家を借りてきました。角川書店ですから実力はあるのでしょう、今晩楽しみです

ウェブページ