梅を食べて夏を乗りきろう

暑い夏 汗を大量にかきますがこの塩分補給の為に塩飴などがスーパーで売っています。
この時期は梅干を毎日1個づつ食べる様にしています。
汗をかくと水分が少なくなって、血液の粘度が上がりがちになります。梅干の中にあるクエン酸が血液の流れを良くする働きがあります。
ですから夏には最適な食べものと言えます。そして梅を漬ける時に塩を入れるので塩分もあり補給になりますし、夏はお腹を壊しやすいので梅の抗菌作用は有効です。
一緒に熱い番茶などを飲むのも良いですね。
水分補給になるし、何より夏は冷たい物を取りすぎて胃が疲れてしまいがちなので、あえて熱いものをと考えています。

ウェブページ