試作 トッピング、麺について

2種類のチャーシューについては、煮汁をスープに加える等の事はせず、「トッピングとしての美味しさ」を重要視し、肉の旨味を逃がさない様に作る事としました。
基本的な作り方は真空低温調理のレアチャーシューと似ていますが、個人的好みによりレアではなく火をしっかり通す事としました。

タレに加える魚醤については、業務用食材店や通信販売などで様々なものを入手し、今回のスープに合うものを探しました。様々な魚醤の中から、今回のスープや油に合う鰹魚醤を使用する事にしました。
魚醤は味の印象が強いので、多めに使うと魚醤の味がスープを支配してしまう事と、原価が高くなってしまうので、少量を用い、隠し味的に使用しています。

麺は豚骨ラーメンにも使用出来る低加水ストレート麺としました。
味が馴染みやすく、パツンパツンとした食感が今回のスープに良く合っていると考えています。

ウェブページ