2016年1月アーカイブ

2009年に行って以来だった、三吉屋 信濃町店に行ってきました。

お店紹介記事の内容が古かったので修正しました。

当時と今では、文章構成が違い、今の様に統一されていなかったので、折を見つけては一つずつ修正していっています。

あとは、当時のカメラと今持っているカメラでは性能が違うので、画像の質が段違いです。

紹介ページで、同じ「らーめん」の画像を見比べて頂ければ一目瞭然です。

では、修正前はコチラ

「人気店「三吉屋」の信濃町店です。

116号沿い、信濃町のウオロク隣のビルの一階にあります。
(階段を降りたところにあるので分かりにくいかもしれません)

ラーメンは昔ながらのあっさりラーメンです。
麺は縮れた極細麺です。

信濃町店の他にも本店、駅南店があります。」

当時、116号線だった道路は今は116号線ではありませんしね。

三吉屋 信濃町店の紹介ページ 修正後はこちら

お勧め店紹介「いっとうや」

常に行列が出来る、新潟市屈指の超人気店。
接客、味、提供スピード、価格設定などトータルバランスに優れたお店です。

濃厚かつ魚介風味たっぷりのかさね醤油は必食の一杯。
あっさりの醤油ラーメンもお勧め。

一番人気は抜群の歯応えの麺を楽しめるつけ麺です。

杭州飯店のお店紹介記事を修正

燕市の老舗店「杭州飯店」のお店紹介記事を修正しました。

修正前はこちら

「麺は自家製で、極太で太さが不揃いです。
量が多くかなりボリュームあります。スープは煮干だしで、背油がたくさん入っています。

ねぎ、たまねぎ、メンマ、薄切りのチャーシューが入っています。」

8年前の記事ではありますが、最近の書き方とそれ程変わっていませんでした。

ただ、ここしばらくは、ラーメンのメインメニューをスープ、麺、トッピング、と説明し、その後にサイドメニューやお得情報を書く様にしていたので、そのスタイルに合わせて修正しました。

修正後の杭州飯店お店紹介記事

20年程前の新潟市のラーメン界が現在程のレベルに無かった時代に、既に美味しい背脂ラーメンを提供していた人気店です。

このお店の存在が無ければ、現在の新潟市のラーメンはここまで発展していなかったかも?

当時敷地内にあったパチンコダイエーでスロットを打ち、休憩中の札を立てては、こちらのお店に通っていました。

週2、3回は食べていたかもしれません。

当時無かった海苔トッピングを毎回店員さんに無理言ってお願いしていたら数ヶ月後にメニューに加わっていました。

海苔と油の相性は抜群でしたね。

(店員のおばちゃんが10円で出してくれていたのが、メニューに加わると50円になり逆に悲しい想いをした記憶も残っています)

すばる屋のお店紹介ページを修正しました。

修正前は以下の通りです。

「東新潟駅近く、キューピット向かいにあるお店です。
中国で腕を磨いたという中華そばと炙り親子丼が看板メニューです。

中華そばはこってり、あっさりが選べ、こってりにすると背油がたくさん入ります。
スープは濃い目の醤油味に動物系、魚介系だしのスープです。
スープに入った魚粉が特徴的です。
炙ったバラ肉のチャーシューも美味しいです。」

やはり、5、6年前の文章は今と全然違いますね。

今は個人の感想を抜きに極力客観的に書く様にしていますが、当時は自分の好みを優先に書いていたのが良く分かります。

すばる屋紹介ページの修正後はこちら

ウェブページ