新潟のラーメン情報を紹介します

喜びラーメン 小太喜屋 お店に突撃!単独インタビュー

TOPお店に突撃!単独インタビュー > 喜びラーメン 小太喜屋

村上市に2012年2月オープンした「喜びラーメン 小太喜屋」
まだ出来て間もないお店ですが、丁寧な仕事ぶりが光るラーメンが評判を呼び、遠方から足を運ぶ人も多い様です。

【ラーメン】

ラーメン

豚の旨味と煮干しの香り漂うスープは、ゲンコツと豚足がベースとなっています。

【じっくりと炊いた動物系スープ】

動物系スープ

動物系スープを冷蔵庫で一晩寝かし、翌日の朝、うるめ節と大羽煮干しを加えます。

【うるめ節と大羽煮干し】

うるめ節と大羽煮干し

チャーシュー用の豚バラ肉をスープで煮て肉とスープで旨味の交換を行います。

【豚バラ肉】

豚バラ肉

スープで煮た豚バラ肉をラーメン用のタレではなく、チャーシュー専用のタレに漬け込みます。

【チャーシュー用のタレ】

チャーシュー用のタレ

次に、肩ロース肉を豚バラ肉を漬けた後のタレに漬け込みます。

【漬け込んだ後の肩ロース】

漬け込んだ後の肩ロース

チャーシュー専用のオーブンで焼き上げます。

【オーブンで焼き上げるローストチャーシュー】

オーブン

オーブンを使用し適切な温度管理をする事で、肉の旨味をしっかりと閉じ込め、レアな食感のチャーシューが出来上がります。

醤油ラーメンには上記2種類のチャーシューがのります。
(豚バラチャーシュー、肩ロースのローストチャーシュー)

お店の外には製麺所があります。

【小太喜屋製麺所】

小太喜屋製麺所

こちらの製麺機を用い、小太喜屋オリジナルの麺を作ります。

【製麺機】

製麺機

2種類の小麦粉をブレンドし、赤たまごを練り込んだ自家製麺はプリプリとした食感が特徴です。

各種素材の旨味がたっぷりと詰まったスープは、化学調味料不使用ながら飲んだ瞬間のインパクトが抜群です。

手間隙惜しまず作られた丁寧なラーメンを是非一度お試し下さい!

喜びラーメン 小太喜屋の当サイト紹介ページ

(掲載日付 2012年12月22日)