新潟のラーメン情報を紹介します

東池袋大勝軒新潟 お店に突撃!単独インタビュー

TOPお店に突撃!単独インタビュー > 東池袋大勝軒新潟

今回のお店は東京にある名店「東池袋大勝軒」から暖簾分けした「東池袋大勝軒新潟」です。

東池袋大勝軒新潟

【 Q 】
「大勝軒」での修行、新潟でお店を開いた経緯について教えて下さい。

【 A 】
出身は新潟なのですが、名古屋の学校に通い、卒業してからは大手飲食チェーン店に就職しました。
そこでは店長になる事が出来ましたが、当初から胸に秘めていた

「地元新潟で飲食店を開業したい」

という気持ちが強くなってきました。

その時に偶然手にした、大勝軒の山岸さんが書いた本「これがおれの味」を読み、共感・感動・そして尊敬の念を抱く様になりました。

「いずれは暖簾分けをして自分のお店が出せる」

というところも魅力でした。

その日のうちに大勝軒に電話をし、行ってみると

「明日から働いていいよ!」

と言ってもらう事が出来ました。

当時修行してた人達は10人位です。20代~50代まで、色んな方々がいました。
仲間であり、ライバルであり、その方々の存在には本当に助けられました。

修行期間中は休日なども他の暖簾分けした大勝軒のお店に行き、修行させてもらう事にしました。 
「一日でも早く仕事を覚え一人前になりたい」
という気持ちが強かったですね。

当時、先輩方から習ったたくさんの事は、仕事の事だけでなく、色々な面に渡り今も教訓として残っています。

そして、平成17年12月に幸西に「東池袋大勝軒新潟」をオープンする事が出来ました。

【山岸氏の教え】

山岸氏の教え

【 Q 】
中華そばやつけ麺などについて教えて下さい。

【 A 】
当店の売りは「つけ麺」です。

香辛料各種、甘味料、辛味調味料、お酢を秘伝の配合で調合します。

そして、秘伝の醤油ダレ、具、鶏油を入れ、豚足、ゲンコツ、鶏ガラ、野菜各種などを長時間煮込んだスープを注ぎます。

麺は自家製麺を使用しています。

本店と同じ機械、同じ粉、同じ配合でやっています。
太さは中太の17番です。

つけ麺だけでなく、もちろん中華そばもお勧めです!

【つけ麺】

つけ麺

【中華そば】

中華そば

【 Q 】
最近西区に「東池袋大勝軒 いちばん」をオープンしましたが。

【 A 】
平成23年3月に2号店として「いちばん」をオープンしました。

こちらのお店を開こうと思った理由としては、お客様より幸西のお店の駐車場が小さく、停めずらいという意見を頂いていたからです。

出来るだけ多くのお客様に不便なく食べてもらいたかったので、西区の駐車場を広く取れる場所に「いちばん」をオープンする事にしました。

幸西の方は、お店を安心して任す事が出来る店長が育ってきたので、私自身は現在「いちばん」をメインにやっています。

「お客様に幸せなひとときを過ごしてもらう」

この経営理念に基づき、今後も従業員一同頑張っていきたいと思います。

東池袋大勝軒新潟の当サイト紹介ページ

東池袋大勝軒いちばんの当サイト紹介ページ

【H23年3月に「いちばん」をオープン】

東池袋大勝軒いちばん

【スープに使用する豚足】

豚足

【豚足、ゲンコツ、鶏ガラ、野菜などを煮込んだスープ】

スープ

【調理中のメンマ】

調理中のメンマ

【チャーシューは肩ロースを使用しています】

肩ロースチャーシュー

(掲載日付 2011年5月14日)