新潟のラーメン情報を紹介します

つか乃間 お店に突撃!単独インタビュー

TOPお店に突撃!単独インタビュー > つか乃間

県庁前より新潟市西区に移転オープン。

鶏料理の居酒屋からラーメン店へとリニューアルした「つか乃間」へとインタビュー取材を行いました。

つか乃間

つか乃間の看板メニューといえば居酒屋時代より提供していた「鶏しおそば」ですが、今回は新潟では珍しい牛骨を使った白湯スープの「白湯ラーメン」について掲載したいと思います。

※期間限定メニューの為、現在は提供していません(2015/6/28追記)

【白湯ラーメン】

白湯ラーメン

鶏と牛の旨味がたっぷりと詰まった一杯となっています。

スープの仕込みでは、まずは、たっぷりの牛の骨を煮込み、牛骨白湯スープを作ります。

【牛骨白湯スープの仕込み】

牛骨白湯スープの仕込み

牛の旨味を取り終えた後、出汁ガラを濃した後の牛骨スープで鶏ガラを煮込みます。

一般的な白湯スープと比べ、2回煮込む形となる分、倍の時間がかかりますが、牛と鶏の旨味を濃縮したスープを作る事が出来ます。
(こうして手間をかけて作られた牛鶏白湯スープは、量に限りがある為、数量限定での提供となっています)

仕込み終えたスープは一旦冷却し、注文が入った都度温めて使用しています。

【冷蔵中のスープ】

冷蔵中のスープ

店主は焼肉店で働いていた事もあり、その時の経験からラーメンに牛骨を使っているとの事。 鶏料理の居酒屋で培ったスキルと、焼肉屋での経験が合わさり生まれた一杯といっても良いでしょう。

看板メニューの「鶏しおそば」は、居酒屋時代よりも素材量を増やし、より深い味わいへと変化しました。

【鶏しおそば】

鶏しおそば

リニューアルし、印象的な味わいとなりましたが、現在も試行錯誤を繰り返し、進化を続けています。

その鶏しおそばのベースとなるのが、鶏から取ったスープです。

【冷却中の鶏清湯スープ】

冷却中の鶏清湯スープ

香味油には、鴨を用いています。

【鴨を用いた油】

鴨油

鴨肉を鶏油で煮出し、鶏と鴨の旨味を同居させています。

味の基本となる醤油ダレと塩ダレ

醤油ダレと塩ダレ

鶏と豚の清湯スープはそれぞれ別取りとなっています。

【豚清湯スープ】

豚清湯スープ

麺は、北海道産小麦「春よ恋」を100%使用した多加水麺を使用しています。

【春よ恋を用いた麺】

春よ恋を用いた麺

鶏と豚を用いたあっさり醤油ラーメンも提供しています。

【ラーメン】

ラーメン

海老の風味が香ばしい鶏エビそばもお勧めです。

【鶏エビそば】

鶏エビそば

ラーメン以外にも、カレーにも力を入れています。

カレー

ラーメン類にプラス170円で半カレーがセットになるハーフカレーセットが人気です。

居酒屋からラーメン専門店へと営業形態をシフトし、日々進化を遂げている「つか乃間」の渾身の一杯をぜひ一度お試し下さい。

つか乃間の当サイト紹介ページ

(掲載日付 2015年6月6日)